Logo

Environment 環境

環境教育

環境教育

ベネッセコーポレーションでは商品やサービス、およびイベントなどを通じて、お子様の発達段階に合わせた自然や環境への学びの機会をご提供しています。

教材を通じた環境教育事例

幼児:こどもちゃれんじ じゃんぷ6月号 「おじぎそう おせわせっと」

「おじぎそう」の栽培を種まきから自分で始められるキットです。
「おじぎそう」を栽培する体験を通して、適度な水やりなど、植物を育てるのに必要な条件を知り、自分が育てたものに対する愛着と大切にする心を育みます。
エデュトイのほかに、おじぎそう栽培を興味付けるための映像やおじぎそう以外の植物への興味を育む絵本なども展開。

エデュトイ「きみだけの おじぎそう」
エデュトイ「きみだけの おじぎそう」
「かんがえてはっけんえほん」6月号より
「かんがえてはっけんえほん」6月号より

幼児:こどもちゃれんじ すてっぷ4月号「かんさつ! だんごむし」

4~9月号で展開する「生き物観察プログラム」の中のひとつ。「かたち」「食べ物」「得意技」という3つの観察視点で、身の回りの生き物を観察することで、好奇心、探究心を育むことをねらいとしています。
4月号のテーマは「だんごむし」。映像教材や絵本で展開される冒険ストーリーが、子どもの気持ちを盛り上げます。

「ふしぎはっけんえほん」4月号より
「ふしぎはっけんえほん」4月号より
「ふしぎはっけんシアター」4月号より
「ふしぎはっけんシアター」4月号より

小学生:「進研ゼミ」考える力・プラス講座5年生・6年生 巻頭特集「こうたのなるほどニュースファイル」

多様な視点、経験に基づく考察力を養うため、「環境」「経済」「科学」等様々な分野のテーマで知的好奇心を深めるページです。
環境の分野では、「生物の絶滅」をテーマに、生物と自然のバランスや絶滅の原因と対策を学んだり、「ごみ」をテーマに、時間とエネルギーを要するリサイクルへ回す前にできることを考えるなど、環境に対する関心を高めることができます。

6年生4月号2万種以上の生物が絶滅の危機に!
6年生4月号
2万種以上の生物が絶滅の危機に!
6年生4月号2万種以上の生物が絶滅の危機に!
5年生5月号
リサイクルさえすればOK!?ごみをもっと減らすには?

小学生:「進研ゼミ」<チャレンジタッチ> 社会 4年生・5年生

「進研ゼミ」<チャレンジタッチ>社会では小学校の授業がわかるようになるコンテンツを製作しています。
4年生では、ごみ処理の問題への理解と、3R(リデュース・リユース・リサイクル)の取り組みの大切さを紹介し、行動を促しています。
5年生では、世界の環境問題について、地球温暖化の図解や京都議定書などを取り扱っています。

チャレンジタッチ4年生社会
チャレンジタッチ4年生社会
チャレンジタッチ5年生社会
チャレンジタッチ5年生社会

高校生:探求ナビ

高等学校の教員・生徒向けに「総合的な学習の時間」での課題発見・解決をサポートする探究学習用教材「未来を拓く探究シリーズ 探究ナビ」において、「探究学習のプロセス」と「必要な考え方」を学び、「地球温暖化」など実際の社会課題をもとに、探究的な考え方を実践し、地球温暖化への理解を深められるコンテンツを提供しています。

高校生:探求ナビ1
高校生:探求ナビ2

官公庁との連携:STEAMライブラリー

2021年3月にリリースされた経済産業省「未来の教室」事業のSTEAMライブラリーのうち、高校生向けの「防災学習のSTEAM教材」をベネッセコーポレーションが開発しました。日本・世界の災害発生状況を踏まえつつ、自分の住む地域のハザードマップや統計情報をもとに地域の防災・減災を探究し、自分たちが考える防災・減災へのテクノロジー活用事例として、解決策になるロボットを大学・企業・地域自治体と共に考える高校生向け学習支援教材となっています。

官公庁との連携:STEAMライブラリー1
官公庁との連携:STEAMライブラリー2
株式会社ベネッセホールディングス, 株式会社ベネッセホールディングス 社長室 サステナビリティ推進課, 株式会社ベネッセホールディングス 広報・IR部, 株式会社ベネッセホールディングス 総務部, 株式会社ベネッセコーポレーション, 公益財団法人ベネッセこども基金, ベネッセ教育総合研究所, ベルリッツ コーポレーション, 株式会社サイマル・インターナショナル, 株式会社東京個別指導学院, 株式会社お茶の水ゼミナール, 株式会社アップ, 株式会社ベネッセスタイルケア, 株式会社ベネッセビジネスメイト, 株式会社ベネッセソシアス, 公益財団法人 福武財団, 公益財団法人 福武教育文化振興財団, 株式会社クラシコ

イベント・コンクールなどを通じた環境教育

全国小学生『未来』をつくるコンクール 環境部門~環境活動を支援する

毎年夏休みに身の回りの取り組みや環境問題などを調べて作品にまとめて応募する機会を提供しています。

全国小学生『未来』をつくるコンクール 環境部門~環境活動を支援する

高校生環境小論文コンクール

環境問題をテーマとした小論文を募集することで、高校生が環境問題について考え、社会に発信したり、主体的に活動したりするきっかけとなることを目指し、コンクールを開催しています。

高校生環境小論文コンクール

ベネッセSTEAMフェスタ

全国の中高生の探究的な学びの交流コミュニティであり、なかでもSDGsは人気テーマとなっています。調査や実証研究だけでなく、アプリ開発なども行います。2020年度は3月14日にオンラインで開催し、全国から選ばれた60チームが発表しました。

ベネッセSTEAMフェスタ1
ベネッセSTEAMフェスタ2
<STEAMフェスタ参加者の感想(抜粋)>
参加したベネッセSTEAMフェスタでは「エコ活動の可視化」を発表し、全国の中高生や、社会人サポーターの方から多くのフィードバックを頂きました。この研究を進める中で、環境問題に代表されるGlobal issueは人々の意識が根底にあると気付きました。その気付きから、現在は意識変革を自然と進めるにはどう工夫すれば良いかという問題意識を持ちながら、研究を進めています。フェスタは共創の場であり、参加者との交流を通じて、視野が広がったり、仲間意識が芽生えたりします。
こうした場は、これからの社会を創造する私たち中高生にとって、必要な場所だと感じています。

地域イベントを通じた環境教育の提供

地方自治体や企業、環境団体などと連携し、各イベントに出展。楽しく環境について学べる機会を広く提供しています。

<地域イベント例>
●環境省主催「エコライフ・フェア2020 Online」

2020年12月19日~20201年1月17日まで開催された環境省主催「エコライフ・フェア2020 Online」に、一般社団法人電気自動車普及協会(APEV)とともに出展いたしました。

ベネッセの環境活動や環境教育についてのご紹介や、日本では運輸部門と家庭部門での温室効果ガス排出量が増えていることから、EVである「しまじろうカー」や自分がご家庭でできる環境によい活動について考えていたくきっかけになる動画も提供いたしました。

環境省主催「エコライフ・フェア2020 Online」
●環境ワークショップ ハロウィンin多摩センター2019

「ハロウィン in 多摩センター2019」に出展いたしました。大人気の電気自動車「しまじろうカー」との写真撮影会や、参加大学団体によるワークショップにのべ4,326人のお子様とご家族に楽しくご参加頂きました。

※参加大学団体・ワークショップ(順不同)
東海大学サイエンスコミュニケーター:スライムづくり
早稲田大学学生環境NPO環境ロドリゲス ecoSMILE:エコラベル神経衰弱
東京大学サイエンスコミュニケーションサークルCAST:電気実験
千葉大学環境ISO学生委員会:ぶんぶんゴマづくり

環境ワークショップ ハロウィンin多摩センター2019
●環境ワークショップ エコライフ・フェア2019@代々木公園

代々木公園で開催された「エコライフ・フェア2019」に、一般社団法人電気自動車普及協会(APEV)とともに出展いたしました。大人気の電気自動車「しまじろうカー」との写真撮影会、ハートのシールに自分でできる「環境によいこと宣言」を記入しポスターの木に貼り葉を茂らせるワークショップに、2日間でのべ1,904人の皆様がご参加されました。

このほかにも多数のイベント出展等を通じて、環境教育の機会をご提供しています。

環境ワークショップ エコライフ・フェア2019@代々木公園

地方自治体と連携した環境教育への貢献

●多摩市生物多様性ガイドライン作成への参画

豊かな自然環境を守り、生き物と共存しながら自然の恵みを得て、持続可能な社会を築いていくため、ベネッセホールディングスおよびベネッセコーポレーションは多摩市生物多様性ガイドライン作りに参画し、多摩市における生物多様性に関する教育に協力しています。

株式会社ベネッセホールディングス, 株式会社ベネッセホールディングス 社長室 サステナビリティ推進課, 株式会社ベネッセホールディングス 広報・IR部, 株式会社ベネッセホールディングス 総務部, 株式会社ベネッセコーポレーション, 公益財団法人ベネッセこども基金, ベネッセ教育総合研究所, ベルリッツ コーポレーション, 株式会社サイマル・インターナショナル, 株式会社東京個別指導学院, 株式会社お茶の水ゼミナール, 株式会社アップ, 株式会社ベネッセスタイルケア, 株式会社ベネッセビジネスメイト, 株式会社ベネッセソシアス, 公益財団法人 福武財団, 公益財団法人 福武教育文化振興財団, 株式会社クラシコ

従業員への環境教育

ベネッセコーポレーション全従業員を対象とした環境ウェブ研修を実施し、環境経営に関する基本的な理解を促しています。また、新入社員教育、各部環境担当研修のほか、部門別の教育を実施し、環境業務を担当する新任社員に対しては、内部監査員教育などの専門教育を実施しています。
また、各フロアにおいて、廃棄物分別の徹底や節電などを徹底する担当者を任命し、四半期ごとに実施。分別状況などをフロアごとに発信することで、社員への啓発を促しています。

【環境教育の考え方と教育体系】
環境教育の考え方と教育体系
株式会社ベネッセホールディングス, 株式会社ベネッセホールディングス 社長室 サステナビリティ推進課, 株式会社ベネッセホールディングス 広報・IR部, 株式会社ベネッセホールディングス 総務部, 株式会社ベネッセコーポレーション, 公益財団法人ベネッセこども基金, ベネッセ教育総合研究所, ベルリッツ コーポレーション, 株式会社サイマル・インターナショナル, 株式会社東京個別指導学院, 株式会社お茶の水ゼミナール, 株式会社アップ, 株式会社ベネッセスタイルケア, 株式会社ベネッセビジネスメイト, 株式会社ベネッセソシアス, 公益財団法人 福武財団, 公益財団法人 福武教育文化振興財団, 株式会社クラシコ

最終更新日:2021年07月30日